Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ボイトレする前のエクササイズ

最近、ボイトレの教室を通る人たちの人数が急速に増えてくる。しかし、一部分の初心者はボイトレのクラスを通らないで、自宅で練習した方が好きだ。だが、初心者たちはボイトレする前はよくエクササイズを忘れてします。したがって、多いの初心者は喉が痛くなり、声がなくなりすることは多くなる。それから、今日私はボイトレする皆にボイトレする前のエクササイズを紹介する。

ボイストレーニングの方法ですが、まず声を出す前に体をほぐしておかなければいけません。

特に上半身ですが、肩が凝っていたり、首の筋肉が硬くなっていたりすると良い声は出ないものです。

変に体に力が入り、腹式呼吸だけで声を出すことが出来なくなります。

では体をほぐすエクササイズの方法です。

両手を上げ背伸びをして、体を伸ばします。

首を前と後にゆっくりと深く傾け、首の筋肉を伸ばします。

肩をぐるぐると回します。

腕と一緒に回しても良いでしょう。

立ったまま両手で床を触ったり、後ろにのけぞったり、体全体をほぐしておきましょう。

また両手で喉の両側をさするようにマッサージしたり、アゴの関節をさすったり、声を出すことで使いそうな場所をほぐしておきます。

こうして体を温めてからボイストレーニングを行なうと、より一層効果的になります。

体の準備が出来ていないと、ボイストレーニングを始めたとしても、酸素を十分に取り込めない体は酸欠になってしまう可能性があります。

しっかりとブレスが出来るようにボイトレ前のエクササイズは重要です。

それに声を出すときに必要のない余計な力が体のいろんな場所にかかってしまい、本来、おなかからまっすぐ出る声を出すことが出来なくなります。

それから、発声が良くなるように唇や口の中もほぐしておくと良いでしょう。

例えば「リップロール」と言って、軽く唇を閉じて息を吐きながら唇をぷるぷるぷると音を出します。

また「タングトリル」と言って、息を吐きながら舌を振るわせる方法もあるので試してみて下さい。

以上はボイトレする前のエクササイズである。皆、ボイトレする時、絶対にエクササイズを忘れないよ。

ボイストレーニング

 

プロデビューに必要な2つのこと前編 - ボイストレーニングを大阪梅田中津で - ボイストレーニング指導歴約30年のプロが個人レッスン カラオケ上達からプロデビューまで@リューズボーカルスクール