Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

バーベキューについて

ホーチミン市の人々に対して、バーベキューすることが大好きだ。毎週の週末に多いの人が友達と集めてバーベキューをやる。バーベキューをよくやるが、バーベキューという名前はどういう意味があるか、バーベキューの由来はどこからか、全然わからない。今日私は皆にバーベキューについて詳細で説明したいと思う。
バーベキュー(英: barbecue)とは、薪、炭、豆炭などの弱火によって肉や野菜、魚介類などをじっくり焼く料理、もしくは煙で燻すその調理法や行為を指す[1]。 定義では、半日以上じっくりと火を通した豚の丸焼きなどを指す。 短時間の直火だけで肉を焼き食す行為はバーベキューではなくグリル(英語: grill)となる。
語源は、西インド諸島の先住民であるタイノ族の肉の丸焼き用の木枠を指す言葉が、「丸焼き」を意味するスペイン語のbarbacoaに転化した[1]。英語圏ではBBQ(cueがQに置き換わる)やB.B.Q.、Bar-B-Cue、Bar-B-Qと略されることがある。
豚や牛のリブや牛のブリスケットなどの柔らかくない肉を、蓋を閉めるなどして90~115℃程度の比較的低温で数時間から1日かけて、蒸し焼きにし、骨から簡単にとれるほど柔らかくなるまで調理した物をいう。アメリカ南部で豚を長時間かけ丸焼きにして食べる習慣から始まった。この時、家族だけで食べきれずに野外に多くの人が集まって飲食をともにしたことが、野外での調理、飲食を「バーベキュー」とよぶようになった由来である。バーベキューを料理する人物のことを「ピットマスター」と言い、植民地時代では主に黒人奴隷がこの役割を務めていた。
調理時には煙や匂いが大量に出るため、専用の設備や換気装置の煙突などがない場合はたいてい野外で行なわれる。自宅の庭、ベランダやバルコニー以外に、キャンプ場や海岸、川辺、公園などで行うのが一般的で、またそういった調理と食事を野外で楽しむ行事自体も「バーベキュー」と呼ばれる。アメリカでは年間数百ものバーベキューコンテストがある。調理には時間がかかるので、開催期間は2日間も催される。自宅の庭や、河川の傍やキャンプ場の付近などのレジャーへの外出先で調理を行うことが多い。
皆がどう思うか。バーベキューの歴史は楽しいだろう。次回、私は皆にバーベキューの火付け方法を紹介する。

秋ヶ瀬公園 バーベキュー

バーベキュー&クーラー